PRiMaとは

Published / by majyb / Leave a Comment

PRiMa Privacy Risk Manager は、個人情報の特定、リスクアセスメント、点検等の作業を省力化し、 個人情報保護マネジメントシステム(以下PMS)に必要な規程等の文書を安価に提供する個人情報保護運用支援サービスです。

インテリジェントなプライバシーマーク文書テンプレート生成エンジンが、 効率的な運用により事件の予兆を検知し、健全な運用を手助けします。

 

PRiMaは、こんな皆さんのお役に立ちます

●高い水準でPMSを運用したい人
コンプライアンス対応者 :運用方法に戸惑いがある事業者
プライバシーマーク取得者:プライバシーマークの運用では心もとない事業者

●規模が大きい企業でPMSの運用を楽にしたい人
部署・委託先が多く、適法な運用に時間がかかりすぎる事業者

●規模が小さい企業でPMSの運用を楽にしたい人
社員数が少なく運用に手間を割く時間が惜しい事業者

●個人情報保護のコンサルティングを事業にしている人
コンサルティング業務を合理化したい事業者

●顧客の囲い込みにサービスツールを探している人
情報セキュリティ関連製品の販売企業で、顧客にサービスを提供するなどの方法で顧客を
囲い込みたい事業者

 

 

PRiMaの概要

●PMSの作業効率が上がり、人件費削減
特別な知識を用意せずとも定型の質問に答えるだけで部門毎に個別の運用環境に合わせた最適なテンプレート文書を生成します。これにより、無駄な作業がなくなり効率が上がります。

●Pマーク審査時の指摘事項削減
全社ポリシーが部門ポリシーに継承され自動的に整合が管理され、従来のような形式的な指摘を受けることが無くなります。

●リスク分析や資産価値の精度向上
世の中の判例や統計情報などを考慮して事故の発生確率や情報価値基準を定量評価するので判断精度があがります。

●評価基準の見直しが不要
評価項目や評価基準値は、専門家によって定期的に見直されるので、利用者は意識する必要がありません。

●委託先の管理業務の効率アップ
委託先に合わせたチェックリストを作成し、送付し、チェックし、報告書を作成する一連の作業効率が上がります。

 

 

便利なネット環境

インターネットが普及して、最近ではなんでもネット上で行うことが可能になりましたね。

私が若いころなんて携帯電話すらなかったですからね。それが今では中学生でもスマホを持っている時代ですもんね。

凄いですよね。

息子がIT関連の仕事をしているんですが、たまに仕事の話をされても全く意味が分かりません。

2年ほど前に起業したんですが、順調らしく起業時に借りた事業者ローン(http://www.jigyousyaloan.com/)も全て返済できたみたいです。

これからの時代はネット関係が安定していく時代なんでしょうね。